マザーガイアからの便り・予告編vol.8

マザーガイアからの便り・予告編vol.8

 

 

2016.11.26 マザーガイアからの便り・予告編vol.8

 

縄文(その3)・ブログ読者の方へのメッセージ

 

今回は、カンナ・カムイさんからの、読者の方々へのメッセージも含め、カンナさんとのQ&A方式でお届けします。

質問・菊地: この便りは、決して面白半分で読んでみて、楽しい内容ではないと思っているのですが、どのような方々に向けて、またどのような目的で行われているのでしょうか。

 

 

その通りです。主に当時の我々部族の子孫の方々といいますか、なにか懐かしいものを感じる・・・という方が、それに魅せられ、読まれていると思います。

 

質問・菊地:読んでいらっしゃる方々もまた、重要な役割をお持ちなのかと思うのですが。

 

その通りです。彼らは自分の役割を求めて生きております。懐かしいふるさとの何かに触れたような感覚が芽生えていると、わたしたちは確信しております。

 

 

 

あくまでも、人間と自然との本来の関係性、その付き合い方について、一般レベルでの認識の底上げをする、ということが我々の意図する課題です。

 

そして我々の子孫は、不屈の精神を持ち合わせていますので、そう簡単に諦め、撤退することはないのです。

 

なぜかと言うと、厳しいあの地で時に何度か転生もし、自然と生きる智慧を繰り返し学んでいったからなのです。

 

子孫というのは、肉体の子孫、そしてスピリットの子孫という広い意味で伝えています。

そして、この日本での我々の子孫というのは、本当に自然信仰(自然を尊ぶ心)が根底に根付いており、元来の性質として、他の生き物達と、自分達人間との隔たり(自然支配や人間優位の思考)をあまり感じないスピリットを持っています。

そのような認識が広がっていく、という事は、自然と共生していく土台作りになることで、世の中が良い方向にシフトする事にも繋がります。

 

我々の直系の子孫は、数多く発生しております。 約・・・そうですね、一万人から二万人はいるでしょう。そして、さらにその繋がりというと、さらに数は増えてまいります。

 

質問・菊地:この通信は、主に子孫の方々に向けてメッセージを届けている、という意味があるのですね。

 

はい。目的はしっかりしております。

本来生命には隔たりがないということ、また、自然は我々にとって親のような存在であるということ、そして意図して繋がりを持つことが大切であること・・・そのようなスピリット(精神)を思い出すということです。

 

質問・菊地:通信の大きな目的をうかがって、今日はとても有意義でした。

 

わたし達もいつ、この事をお伝えしようかと思っていました。これからも絶えず何度も繰り返して、自然にまつわる事、人間との関係性について伝えてまいります。

そして最後に、この言葉を付け加えたいと思います。

現代に生きていらっしゃる、この便りに興味を持たれ、懐かしい、憧れのような思いを感じる方々に伝えるメッセージです。

土に触れたり、または植物の先端の部分、花であったり枝であったり。そのような自然の一部に触れて、自分自身の本当に素直な部分に繋がれるように意図なさってみてください。

そのような日々の中で、ご自分の持っていらっしゃる、素晴らしい素質に出会う事でしょう。

我々はあなたがたをいつも思っております。そして愛しております。

物理的に何も出来ないわけではありません。
みなさんの心に触れる気持ち、理解する気持ちを持ってこちらから拝見しています。


Comments are closed.